宮古島のダイビングスポット

沖縄を経由して、久米島、宮古島や石垣島、西表島に与那国島へと足を伸ばすダイバーは多いです。どの島も個性的で、亜熱帯の動植物が織りなす風景は美しいものです。ハイシーズンになると予約が必要になりますが、オフシーズンなら予約なしでもセットしてくれるので便利が良くなっています。
宮古島に目を向けてみましょう。沖縄本島から300km離れた宮古島は、隆起珊瑚礁によってできた島です。なだらかな島内の道路は開放感に溢れ、周囲にはサトウキビ畑が広がっています。この島は、沖縄全島を通じて唯一ハブのいない島として知られています。標高の低い島なので、津波の通過によってハブが押し流され、その後他の島との接触が絶たれたためバブがいなくなったと推測されています。
宮古島のダイビングスポットは、東海岸、八重干瀬の周囲、伊良部と下地島の周りになります。東海岸は、主に上級ダイバーのスポットでドリフトダイビングをすることになります。八重干瀬の周囲では、カラフルな珊瑚礁とそこに生息する無数の海中生物が見所になっています。
特に人気なのは、伊良部と下地島回りのスポットです。ここには、通り池と呼ばれる2つの池があり、海側の池は海とつながっています。地形派ダイバーに人気のスポットです。

こちらの記事も読まれてみます

  ≪ 前の記事: を読む